『2014 心意気〜左大文字保存会〜』8月16日の夜、精霊をお送りする「京都五山送り火」〜これ迄にない大雨で「点火
は無理だろう!」と思った方も多かったようです。しかし会員の心意気で「送り火」は点火され、無事お精霊さまを
お送り出来ました。8月15・16日の左大文字保存会の活動から〜、そしてこの「炎を支えた男たち」のご紹介です。

[8月15日]午前7時30分、「法音寺」に集合〜! 保存会の田中博至会長、岡本芳雄副会長、会計の岡本 義行氏、
幹事の岡本克巳氏ら役員の挨拶に始まり、役割分担表・法被・手ぬぐい・軍手な どが会員に手渡されるとともに、
今年の活動に関して注意点や連絡事項などが言い渡される。
午後8時の「大文字」から5分刻みに変更となるが、左大文字は例年通り8時15分の点火。
また、会員の岡本貴行さん(28歳)が16年間保存会活動に従事した功績で今日、京都市長から表彰を受けるとのこと。
 役割表に従い作業開始〜。松割木の小割と運搬、山道や火床の整備、
金閣寺と法音寺 の志納所での護摩木や手拭・扇子などの販売、金閣寺の竹藪から大松明用の竹を伐り出 す〜など。
 午後、明日夜の松明行列の中心となる「大松明」が完成する ころ、様々な作業が終了。
法音寺の境内には大松明が立ち、街道には門火の準備も整っています。
[8月16日] 午前6時40分、「法音寺」に集合〜!。会員は全員揃いの法被を着用。大きな数珠をかけているのは、
今日までに市長表彰を受けた会員。金閣寺前では松割木販売も行われているが、あいにくの大雨〜。
傘をさして訪れた人は「雨やったらないんですか?」と不安気〜。
「大丈夫です!送り火は必ずつけます!」笑顔で力強く答える会員に手を合わす方も・・・。
 午後、山上の53の火床で、雨の合間を縫って松割木や護摩木などを井桁に組む、その作業のまっただ中で、又
どしゃ降りに〜。ずぶ濡れになりながら、ビニールで覆いをつくりその下で割木を組んでいく・・・。
  午後5時30分、法音寺に再集合〜!。会員の妻らの手製おにぎりで腹ごしらえをし、 それぞれ手松明の準備をする。
雨も上がり、法音寺の前には大勢の人・・・。7時すぎ、20基の門火に次々点火。
蓮華台の親火から手松明に、更に、大松明にも火が移され、歓声と拍手がひときわ大きくなる中、大松明が出発!
大松明を中心に会員たちが、街道から大北山まで、堂々と進んで行きます〜。
  山上〜午後8時15分。「点火〜!」田中会長の合図で、一画から筆順による点火。
人々の願いは今年も美しい炎となり、夜空高く燃え上がりました。〜合掌〜
[2014左大文字〜炎を支えた男たち〜]
左大文字保存会には、10代から70代、親子もいれば3代に渡って共に活動する会員たちもいる。会員は男性のみ、
およそ70人。このうち、今年は57人が活動に参加し左大文字の炎を支えた。みんな、明るくひたむきで健康的〜、
逞しい、作業中の厳しい顔もいいが、ふと見せる笑顔もとても素敵。そんな、魅力あふれる男たちをご紹介します。