『心意気〜左大文字保存会〜2013.08.15. 』 8月16日の夜、精霊をお送りする「京都五山送り火」〜そのひとつ「左大文字送り火」 の炎 に懸ける保存会会員の「心意気」を、15・16日の活動から感じ取ってください。
  [8月15日] 午前7時30分、「法音寺」に集合〜! 保存会の田中博至会長、岡本芳雄副会 長、会計の岡本 義行氏、幹事の岡本克巳氏ら役員の挨拶に始まり、役割分担表・法被・手 ぬぐい・軍手な どが会員に手渡されます。
正会員に昇格した2人と準会員1人の紹介。また、会員の28歳 の内田康平さんと岡本宏明さん が、保存会活動に15年間従事してきた功績により、今日、 京都市長から表彰を受けるとの嬉 しいニュースも披露されます。
役割表に従い早速作業開始〜。松割木の小割と運搬、山道や火床の整備、金閣寺と法音寺 の 志納所での護摩木や手拭・扇子などの販売、金閣寺の竹藪から大松明用の竹を伐り出 す〜な ど、大汗をかきながら黙々と取り組んでいきます。
 午後、明日の松明行列の中心となる「大松明」がおよそ2時間半で完成する ころ、 ようやく様々な作業も終了。法音寺の境内には大松明が立ち、街道には門火の準備も 整ってい ます。ほどなく高灯籠に灯がともるでしょう・・・。



『心意気〜左大文字保存会〜2013.08.16.』 8月16日の夜、精霊をお送りする「京都五山送り火」〜そのひとつ「左大文字送り火」 の炎 に懸ける保存会会員の「心意気」を、15・16日の活動から感じ取って下さい。
 [8月16日] 午前6時40分、「法音寺」に集合〜!。会員は全員揃いの法被を着用。
大きな数珠をかけて いるのは市長表彰を受けた会員。金閣寺前では16日のみ販売の松割木 を求め多くの人々 が訪れ、割木の山はあっという間に小さくなっていきます。
  午後、山上に、松割木や護摩木などを運び上げ、持場となった53の火床で、美しい炎と なり燃え上がるように細心の注意を払いながら松割木や護摩木などを井桁に組んでいきま す。最後に油をかけ、万が一の雨に備えてビニールを被せます。
  午後5時30分、法音寺に再集合〜!。会員の妻たちが握ったおにぎりで腹ごしらえをし、 手松明の準備をします。 法音寺の前には大勢の人・・・。手松明を手に会員が寺から飛び 出し勢いよく走り街道 の両脇のおよそ20基の門火に次々点火〜。 境内の蓮華台の親火から 手松明に、そしていよいよ大松明に火が移され、大松明が出 発〜! 歓声と拍手は一段と大き くなり人々は興奮気味〜。 堂々と松明行列が進み、大北山に上って行きます。 およそ80m の急な石段は狭いので、数十キロの大松明を一人で担いでのぼるのです。
  午後8時15分、「点火〜!」田中会長の合図で、一画から筆順による点火。
人々の願いは美しい炎となり漆黒の空高くに燃え上がりました。 〜合掌〜